FC2ブログ

プロフィール

のこちゃこ

Author:のこちゃこ
2017年3月より、3人の子ども+パピヨン1匹で生活しています。次男はダウン症、私は聴神経腫瘍の手術後、片耳難聴に。発信はInstagram(ID cyakorin)がメイン。papa+partner急募(w)「毎日、笑って、にぎやかに」が、モットーの我が家です(*^-^*)


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


リンク


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

日本語→英語自動翻訳


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>

ぽちっとお願いいたします。


過去記事です。
ちゃこりん(当時1歳8か月)の術後検診(心臓カテーテル検査)についての記録
術後1年です。
今も1年に1回、術後検診でフォローしてもらっています。

  

6・11(火)
入院予定時間を少し過ぎて、京大病院・小児科病棟に到着。
到着後すぐにレントゲンと心電図をとりに階下へ降りる。
どちらも最初だけは、半べそ(~_~;)
心電図は検査技師さんがおもちゃであやしつつ、座っての検査で難なくクリア。

病室へ戻ると、昼食が来ていた。(当然、ちゃこりんのw)
ちゃこりん、ほぼ完食。
離乳食後期でお願いしていたので、わかってはいたが、食材そのままが柔らかくなったものばかり(~_~;)
完食はこの時だけで、これ以降の食事は、嫌いなものはべ~べ~と拒否(;´∀`)

食後、トリクロを飲まされ、眠りについた所で心エコー。
その後の採血でいったん起き、大暴れしたけど、寝たりなかったのか、再びお昼寝に入り、16時過ぎまで寝ていた。
起きてから、プレイルームや廊下でひと遊び。
廊下には写真のような乗用玩具が各種置いてあり、ちゃこりんは帰るまでに全種類制覇www

7時半ごろ一緒に入浴し、9時消灯。
すぐに寝始めたものの、足についた酸素と心電図のモニターが鬱陶しかったのか、寝返りが自宅にいる時以上に半端なかった。
ベッド柵に足を打ち付けるのでガンガン、音も響く。
添い寝もままならず。
落ち着いて寝られないまま朝が来た(>_<)

6.12(水)
ちゃこりん本人はぐっすり寝たようで、朝からいつも通り全開モード。
今回の病室は4人部屋で、お隣の子のママさんは何と、私の憧れの旅行地、バリ島出身(*'▽')
この部屋は通称「心カテ部屋」
バリ島ママのお子さんMちゃんとちゃこりん、午前にもう一人、2か月の赤ちゃんが来た。
3人とも、明後日に心カテを受ける。
今日も2時間ほどお昼寝したちゃこりん、起きてすぐに入浴。
この後、点滴装備。
嫌がって大泣きするので、お風呂に入ったかいがないほど、汗汗だった。
ご飯の時以外、ずっと廊下かプレイルームにいたので、用事のある看護師さんは皆こちらへ来てくれるほどだった(笑)

今夜もモニター装着のまま、就寝。
昨晩ほどではなかったけど足をどったんばったんは変わらず。
同室のママさんに、平謝り。(けど、どちらのママさんも寛大な方で「大丈夫よ~。」と言って下さり、助かった。)

6.13(木)
明け方、少し添い乳した。
ちゃこりんは心カテ1番目なので9時から。
朝の6時から絶食・7時から絶飲になる。
8時にトリクロを飲むころから、お腹がすいたらしく、スプーンやお箸を指さしては「号泣」
こんなに泣くちゃこりんは珍しい(~_~;)

8時半過ぎ、さらに眠くなるように皮下注射。
食べさせてもらえないし、痛いしで、踏んだり蹴ったりで、さらに泣くちゃこりん(-_-;)
さすがにその後はうとうとしだし、検査室まで抱っこしていくとき、すでに、こっくりこっくり。
でも検査室につきベッドに寝かせた瞬間、またまた目がパチリ。
主治医に、麻酔を追加されコテン。

その後、私は一人病室へ戻り、朝食を。
体重はまだ軽めだとは言え、数時間の抱っこは結構キツく地味に後から、肩やら腰やらに来た(;´∀`)

術前の心カテでは、予定より時間がかかったので、しばらくのんびりできるわ~と思っていたら、10時20分ごろ、主治医が来られ 「40分にはお迎えに来てもらうし。肺高血圧はなかったわ。」と(^^)/
よっしゃ、良かった~♪

そしてちゃこりんが帰ってくるのと入れ替わりで、お隣のMちゃんが検査室へ。
帰って来ても、延々と寝続け、途中でカテーテルを入れた側の添え木を取ってもらう時に一度起き、牛乳を一気飲みした後は、17時半までぐっすり。
どれだけ、寝るねん。夜が怖いわ( ;∀;)

夕ご飯の時にようやく起きた。
まだ点滴の針が入っていて、左手が不自由なのに、構わず廊下を歩くわ、這うわ、車に乗るわ・・・(-_-;)
余りにも動きの激しいちゃこりんの姿を見て 「本当は明日の朝までつけときたいんやけどなあ・・・でももう、抜くか。」と、あっさり点滴を抜いてもらうことに(~_~;)
結果、心臓の穴はもう大丈夫とのこと。
ただ、睡眠時の酸素濃度がやはり低く、それに伴って二酸化炭素の濃度が上がりがちになってしまうらしい。
こちらは呼吸器科か耳鼻科で診ていく必要があるだろうなとのこと。

9時~17時半などという大変長いお昼寝のため、今晩はなかなか寝ないだろうねという周囲の予想を裏切り、22時過ぎには就寝。
足のどったんばったんもなく、狭いベッドで添い寝だったけど、私も3日ぶりにぐっすり寝られました。

6・14(金)
無事に退院。
今回は前回入院の時よりもはるかにたくさんのママさんたちとお話してきた。
生体肝移植・小児がん・口唇口蓋裂等々の病名が普通に、当たり前のように飛び交う病棟・・・。
どの子も本当に本当に一生懸命頑張って、病気と闘っている。
どの子もみんな元気に退院できますようにと祈らずにはいられない感じだった。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ダウン症育児 - ジャンル : 育児

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |