FC2ブログ
2007年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2007'01.29 (Mon)

何とまあ。

国語で漢字の「子」を教えた。
新出漢字をするときは、その字を使った言葉を探し、発表させている。

「『子』のつく言葉、知ってる人~?」と尋ねると、即、何人かの元気な「はいはいはい!!!」
クラス一のやんちゃくんで(おそらく叱られる回数も一番であろう)Hくんから出てきた言葉は
「〇○『子』先生~。」

あら、何とまあ、私?!
すると、他の子も「言われた~」 「言おうと思ってた~」・・・
過去、何度も1年の担任をしているが、こんな形で自分の存在を感じさせてもらったのは初めて(喜)

正直、仕事を辞めたいと思うこともある。
でもこんな一言で救われる(苦笑)

ちなみに次に出てきたのは、校長先生のお名前
今の子どもたちのお母さんは「子」がついていないのかも。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 教師のお仕事 - ジャンル : 学校・教育

20:43  |  職場ネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.20 (Sat)

何に見える?


実家の父は定年退職後、農業に精を出している。
その有機無農薬栽培で育った作物の中に入っていた物。
昨年末にもらったのだが、勿体なくて食べられず、
結局、腐らせてしまい、昨日処分・・・・。(ごめんなさい)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

16:42  |  つぶやき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.17 (Wed)

阪神淡路大震災から12年目

阪神淡路大震災が起きて12年目になった。

職場では、この日には必ず避難訓練を行うようになった。
長女の保育園でも行ったよう。

この日、勤務校では給食も「災害時食」となる。
普段の日より、おかずが少ない。
ちなみに昨年は乾パンとスープと果物と牛乳だった。
乾パンは、口中の水分を全部とられるので、大変食べにくかった。

今年は豚汁と麦ご飯と梅干し。
震災後、こんな食事ですら食べられなかった人がいたことを思うと「少ない」だの「肉がもっとほしい」だの文句も言えまい。
そんなようなことを伝えた上で給食開始。
クラスの子どもたちは、皆、おとなしく完食。
残す子が1人もいなかった。(いつもは少なからず、残飯が出る・・・)


「その日」の朝、私は大きな揺れの途中で目覚めた。
真横にあった25型のブラウン管テレビが落ちなかったのが幸い。
揺れがおさまった直後、テレビをつけたら、音声だけで映像なし。

うちの中を点検してみると、落ちていたのは台所用洗剤だけだった。
当時、私は5階建てマンションの1階に住んでいたが、全体を見渡しても、特に被害を受けた様子はなかった。
しかし、職場に着きクラスの子どもたちに被害がなかったか尋ねると、屋根の瓦が落ちたとか、壁にひびが入ったとかの情報が・・・。
同じ県内でも、また建物の構造によっても揺れの大きさは違っていたようだ。

地震後に起きた火災の映像をリアルタイムで見ながらの給食。
一人暮らししていたので、家に帰るとたまに起こる余震に恐怖を感じた。

現在私が住んでいるところは、大地震が来る確率が高いと言われている、琵琶湖西岸断層の上にある。
自治会の方々は防災意識がとても高く、年に何度も自主防災訓練を行っている。
せめて防災用品くらいはそろえておかなくちゃ・・・とこの時期になると思う。

最後になりましたが、犠牲者の方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ : 地震・災害対策 - ジャンル : ライフ

20:38  |  つぶやき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.04 (Thu)

年始初登園

2日・3日と実家に帰省した。
長女は久しぶりに会ういとこたち(長女の1つ上と1つ下で、まるで3姉妹)と大はしゃぎ。
とても楽しかったようだ。
同じく帰省していた、私の弟が臨時男性保育士さんになっていた

本日4日より私の仕事始め。
長女も保育園に登園。
今日は給食がないため、お弁当を持たせて行かせる。
いつもより早めに迎えに行くと、たった1つの教室だけ電気がついていて、長女を含む4人しか残っていなかった。
しかも4人中3人が同じクラスのお子ちゃまたち。
3人とも同じようにエプロンやら、スカートやらを身につけておままごとをしているまっ最中。
帰ろうとする気配全くなし。
「母ちゃん~」と飛び込んでくるものと思っていた私は完全に拍子抜け。
他の子が出した物まで片づけをするのを辛抱強く待って、やっと降園。
先生にたくさん褒められていい気分の長女。
頼むから家でも素直に片づけて~。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




テーマ : 保育園の生活 - ジャンル : 育児

22:40  |  長女  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |