FC2ブログ
2006年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2006'08.22 (Tue)

MRIの結果(2006.8.22)

午前は9日のMRIの検査結果を聞きに府立医大へ。

ドキドキ・・・。

「微妙に、大きくなってるように見えるねえ・・・」
「一回り二回りってほどじゃないから、また半年様子見るか・・・・。」
「それより、副鼻腔にまだ膿がたまってる方が気になるねえ」

何!?
前回指摘されたので、かかりつけの耳鼻科へ行き、薬を3ヶ月飲んだにも関わらず完治していないとは・・・。

「こっちも早く治したほうがいいよ。」
私「はい・・・。」

鼻・腫瘍・二人目計画・・・ああ、どれとして私の心を重くするものばかり。

まあ、手術は避けられたのでとりあえずよしとして、帰宅。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 聴神経腫瘍へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 聴神経腫瘍 - ジャンル : 心と身体

15:21  |  聴神経腫瘍  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006'08.21 (Mon)

親子奉仕作業with教員



昨日は、久しぶりに職場の子どもたちに出会った。
夏休み最後の日曜日は、親子奉仕作業の日になっていて、教員も早朝から職場入り。
欠席0人。
草抜きの間中、入れ替わり立ち代わり私の周りに集まり、夏休み中の出来事を語る子どもたち。
相変わらずかわいらしい。
1日から転入生が来て、全部で21人になる。
単級の小さな学校で、2人も続いて転入があるのは、大変めずらしい。
子どもたちはわくわくしながら、新しいお友だちが来るのを待っている様子。

おまけ写真。
まだ梅雨あけぬ前にマキノ高原に行き、そこの川に足をつけて遊びました。
おこたん、初川遊びです。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ : 教師のお仕事 - ジャンル : 学校・教育

22:44  |  職場ネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006'08.12 (Sat)

レベッカのnokkoさん、ご出産おめでとう

元レベッカのnokkoさんが、この8月1日に42歳で女の子を出産されたそうだ。
名前は夏乃ちゃん。

私が高校生だった頃、レベッカが駆け足で売れ出した。
言わずと知れた、フレンズ。
nokkoさんの歌い方とダンス、楽曲の歌詞を心の底から崇拝していた。
nokkoさんの本名は、偶然私と同じだということを知り(漢字は違うが)勝手に親近感。
高校2年になる頃から、おこがましくも私のニックネームもnokkoに変更。

筋肉質の細い体で、感情のまま、歌い踊り、飛び跳ね、ライブ会場を所せましと走る姿を目にする度、ああ、彼女みたいになりたいと何度思ったことか。
「現実はシビア」で、この頃の私の体重は人生で最もピークだった
16歳から就職するまでの間は、ほんっとに、何しても痩せなかったなあ・・・。
その夢は大学時代に、これまたおこがましくも、レベッカのコピーバンドをすることで、少しはかなえられた・・・かな?

そんなnokkoさんが出産、しかも「乃」は長女とも同じ。
めっちゃうれしい~。
年齢を見て、私も二人目、まだ諦めなくてもいいかな?なんて気持ちにもちょっとだけ、なった。

追記
そして私も42歳で3人目を8月に生みました

テーマ : 好きな芸能人。 - ジャンル : アイドル・芸能

23:29  |  つぶやき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006'08.10 (Thu)

MRI辛い

例の定期検診=MRI に行った。
気を紛らわすのとストレス解消も兼ねて、検査時間まで、大好きな近○百貨店で買い物等をして過ごす。
(しかし、その近鉄も来年2月には閉店。)
遅れるのは嫌な私は、検査予約時間より45分も早く病院に到着してしまった。(バスの都合もありますが)

予約時刻ぴったりに検査開始。
閉所恐怖症には辛い。
頭にヘルメットみたいなのをかぶせられて、ドーナツの輪っかみたいなところに吸い込まれる、あの瞬間は何度経験しても動悸がして、汗が出る。

計20分ほどの検査(撮影)のうち、
3分の2ほど済んだところで造影剤の注射をする。
いつもは右腕の肘の内側にしてもらっているのだが何を迷ったか、腕の上側に針を刺す今日の先生・・・
どうやら、新人さんのようで、ベテラン風の看護師さんが二人ついて見守り、指示を入れているけれど、何度やってもうまくいかない。
(当然、私は痛い・・・)

結局、上側は失敗。
いつもの所に刺し直し、成功。
(最初から、そっちにして~!)

そして、撮影が再び開始された。
ドンドンガーガーピーピーと工事現場のような轟音が突然聞こえなくなった。
あれ?と思っていると、部屋の外では何やら人がばたばたしている。
しばらくして担当医が「すみません、コンピュータがフリーズしました。このまま、しばらくお待ちください。」と言いにきた。

このまま・・・?!ベッドよりはるかに狭い台の上でヘルメットをかぶせられ、身動きすらできないこの格好で・・・?!

フリーズってありえへん。
今までのデータはどうなるの、造影剤の打ち直しでまた痛い思いをしなきゃいけないの、それとも今日のは失敗で後日また、撮り直さないといけないの、いつ休めるんやろう等々、待っている間にぐるぐると考え続けていた。

10分ほどして、コンピュータが復活。
私の心配をよそに、何事もなかったかのように撮影が再開された。
その後3分ほどで終了し、ほっとした。

ほんとに大丈夫だったの?
検査結果は22日。
腫瘍が大きくなってないことを祈るのみ。



にほんブログ村 病気ブログ 聴神経腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

姓名占星パワーストーンブレスレット 満月にお届けします

どんなブレスが製作されるか検索で確認できます【テラピス】






テーマ : 聴神経腫瘍 - ジャンル : 心と身体

22:52  |  聴神経腫瘍  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006'08.07 (Mon)

発作その後

再び救急病院へ行くことになった。
オレンジジュースとクッキーの夕食を済ませ、お風呂にまで入り(今思うと、これがいけなかったのかも)パジャマに着替えての病院入り。
いつもと違う状況にわくわくの長女。
肩が上がって息苦しそうなのに、どうしてそんなに楽しそうなの?と思う。

受付を済ませるとすぐ診察室へ呼ばれた。
再度吸入。
酸素の値は90前後
結局、大事をとって点滴を打つことになった。
点滴室のベッドは8台ほどあったが、満員御礼。
そのほとんどが、喘息の発作が出た子供。

その場の状況をフルに楽しむ長女。
わが娘ながら、その余裕さに頭が下がる。
脱いだ靴をきちんと揃え、うれしそうに真っ白のシーツのベッドに寝転がり、「おふとん、かけて。」と大変うれしそう。

いざ点滴の段階になったら、途端に笑顔がなくなり、大号泣。
看護師3人+担当医に押さえつけられ、「いたい~こわい~かあちゃん~かえる~!」と泣き叫ぶおこたんに、私まで涙が。
一度入ったはずの針が抜け、血が飛び出たりもしたがどうにか成功。
その後、10分もしないうちに疲れから眠りについたおこたん。
時計を見るといつも就寝する時間だった。
(昼寝の時間といい、本当に1日のリズムがしっかり決まってる・・・さすが保育園児)

1時間強の点滴で、呼吸はラクになったようで酸素の値も95を越えた。
入院は免れた~。
針を抜く時もまた大泣きで大騒ぎ。
途中で、睡眠を妨げられた気持ち悪さもあったのかな。

薬をもらい、家に着いたのは午後11時前。

今朝一番に、かかりつけの病院に行き再び吸入飲み薬も効いてきたのか、その後はいつものおこたんに戻った。
大事をとって保育園を休ませ、私も半日休暇にしたが、今日しなければならない用事があったため、一旦おこたんを連れて出勤。
おこたんは全くいつもの調子でひと安心。
しかし、この先またいつ発作が起こるかわからないと思うと不安・・・。

追記
働くママで一番の心配は、子どもが病気になった時。
今では病児保育などもあるけれど、近くに頼れる人がいない場合は、本当に大変だと思います。
普通の保育園で病児保育もしてくれたら、どんなにありがたいか・・・と思ったこともあります。

長女はこの点滴のことを今でも覚えていると言います。
長男・次男は共に肺炎・気管支炎・手術などで入院経験あり。
そう思うと、長女は体力的に強かったなーと思います。
14歳現在でも、一度も入院経験ありません。
注射や採血は今でも苦手ですが



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

おもちゃ・ベビー用品の専門店、 トイザらス・ベビーザらス オンラインストア。


 「国内最安級500円」のミニサーバー GMOクラウド ALTUS 

テーマ : こどもの病気 - ジャンル : 育児

22:57  |  長女  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006'08.06 (Sun)

悪夢再び・・・

おこたんは、今朝5時過ぎには目を覚まし、私が起きるのを心待ちにしていた。(ように見えた、その時は)
6時、私の目覚まし時計(前に使っていた携帯電話)が鳴ったので、私も起き、おこたんとともに階下に降りていつものように朝ごはん。
おこたんが食べたのは、おにぎりとシジミスープ。
珍しく、一気に食べきる。(いつもは遊び半分なのでとても時間がかかる)
ところが、その頃からおこたんの様子に変化が・・・。
肩が上がり、空咳を始めた。
これは・・・と思い、急いで気管支拡張のためのパッチを貼る。
でも時すでに遅しのようで、おこたんはどんどん元気がなくなっていった。
すぐに救急病院へ走った。
おこたん、ますます顔色も悪く目もうつろ・・・。この時点で気づいていれば、悪夢再び・・・は起こらなかったのかもしれない。
車に乗り、10分ほどたった所でおこたんは口からジェット噴射(泣)

病院に着くやいなや、トイレで着替え&洗濯。
おこたんの着替えは持っていたけど、私のは、ない・・・。
子どもと自分の着替えとタオル、新聞紙、ビニール袋は車に常備しておくこと、これ、大事です。

おこたんは噴射の後、気分はよくなったようで歌うまで回復(苦笑)
吸入で元気も取り戻した。

薬をもらい帰宅後、私と一緒にシャワーを浴びる。
ところがシャワー後、またまた発作のような咳が・・・。
吸入の効果はどこへ?といった感じになってしまった。
まだ眠いようだけど、息苦しくて寝られない様子。
ごろごろすること40分、先ほどやっと眠りに入った。
起きたとき回復してくれているといいのだけど・・・。

追記
今思うと、何かのアレルギー反応だった可能性あるなあ・・・。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村





おもちゃ・ベビー用品の専門店、 トイザらス・ベビーザらス オンラインストア。



テーマ : 食物アレルギー - ジャンル : 育児

11:47  |  長女  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |