FC2ブログ
2005年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2005'05.31 (Tue)

もらったらしい・・・

今、保育園で流行中の「流行性時価千円」もとい「流行性耳下腺炎」いわゆるおたふく風邪を、もらったらしい。
右耳の下にしこりのようなものがあり、保育園の先生も「これはおたふくじゃないかなあ。」なんておっしゃるので帰宅後、かかりつけのお医者さんに診て頂く。
「おそらく、これから熱も上がってきて、もっと症状が出てくるでしょう。」とのこと。
明日から登園禁止
おたふく風邪なのに、何故かいつもの風邪薬をもらって帰ってきた。
ほほの下が腫れているにも関わらず、今日も食欲旺盛だったおこたん。
食後は大好きなアンパンマンの歌や踊りまで楽しみお風呂も入り、いつもより時間はかかったが就寝した。
本格的に腫れてきたら、痛くてご飯を食べるのもままならなくなるだろうが、まだ大丈夫のよう。
熱が上がってきて泣くんじゃないかと心配しているけど、未だ熟睡中。

追記
今もじわじわおたふく風邪流行ってますね。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



テーマ : 保育園 - ジャンル : 育児

23:17  |  長女  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'05.30 (Mon)

泣かれた

長休みが終わって3時間目の始まりのチャイムが鳴った。
少し遅れて教室に戻ると、5・6人が廊下でふざけていた。
私が教室に入っても、彼らは入ってこないどころか大声でまだ騒いでいる。
ふざけんじゃねえ~!とばかりに「勉強したくないなら、入ってこなくていいし!そこで遊んどき!」と言い、教室のドアを閉めた。
何と今日の日直が2人とも廊下にいることが判明。
仕方がないので、私が授業始まりの号令をかけ、算数の勉強を始めた。
今日の問題を読ませ、ノートに書かせ始めたところで彼らの様子を見にドアを開けた。
すると、一番のやんちゃぼうずが涙をためながら「ごめんなさい・・・・。」ほかの子も同様に「ごめんなさい」攻撃。
皆一様にうるうるとしているところが、何ともかわいらしい。
何がいけなかったの確認させ、これからはしないと約束させた上で教室に戻す。
これと全く同様のことは前年度のクラスでも発生。
昨年は泣く者など誰1人いなかった。
ひそひそ・へらへらと全く反省の色無し。
しかも「ごめんなさい」と言えば、教室へ入れることだけ学習し、次の時からは閉め出された瞬間から「ごめんなさい」攻撃。
今年度はそうならないよう、これっきりで終わってほしい・・・

追記
学年によって、子どもたちの雰囲気が全然違いました。
声の大きい私は、同じことを言っていてもきつく聞こえるようで、私はこの勤務校で一番怖い先生だと噂がたったことも・・・
いや、実際は・・・そんなに怖くないと・・・思います・・・(笑)
今は、一斉指導しても入らない場合も多く、叱り方も個々に合わせないといけない時代なので、先生方は大変だと思います・・・。

テーマ : 教師のお仕事 - ジャンル : 学校・教育

22:59  |  職場ネタ  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'05.29 (Sun)

保育参観

28日は保育参観だった。
昨年は、保護者の顔が見えると泣き叫ぶ子がいるという理由でカーテンに隠れながらの参観だったが、今回は入室OK。
しかも、一緒に遊んであげてくださいとのことだった。(これは、参観とは言えないんじゃないの・・・?)
言われたとおり、スライムやブロックなどで遊ぶ。
すぐに、おやつの時間になった。
食べる前に、1人ひとり名前を呼んで(または自分で言う)返事をするという時間がある。
さて、おこたんはどうかというと、案の定、返事すら出来ず。
先生が「いつもなら、ことって自分で言ってくれるんですよ。」とフォローしてくださるが、2月末の発表会の時と同じだ・・・。
発表どころか、舞台に出る前からずっと泣きっぱなしで先生に抱っこされ、まともに顔すら見せてくれなかった
今日のおやつは、茹でにんじんと牛乳。
野菜嫌いのおこたんは、当然のごとく、牛乳のみおかわりを要求。にんじんはまるごと残す。
そういえば、昨年の保育参観の日には、スナップえんどうが出たけど、それも食べずにぽいぽいと下に捨てていたのを思い出した。その後、他の子は先生に促され、トイレに行った。
みんな、お姉さんパンツ(おむつの代わりにはく防水加工のトレーニングパンツのこと)に替えているのに、おこたんだけは、トイレを拒否。(最近、ずっとそうらしい)
先生は苦笑いしながら、着替えをさせてくださる。
そして、外遊びをした。
今日はまず、荷台がついた手押し車の所へ行く。いつもは、車型の手押し車に行くらしい。
その荷台に履いたばかりの靴を脱いで入れる。
裸足で園庭を闊歩するおこたん・・・。
いつもおこたんの面倒を見てくれている、Nちゃんという女の子がさっと来ておこたんの靴を履かそうとしてくれていた。
が、今日は、大好きなNちゃんの手助けすら無視。
私が靴をあずかることになる。
先生に聞くと「他にもいますよ~。裸足の子(笑)」<ということらしかったが、参観の日にしたのは、おこたんだけでは?
その後、砂遊びを少ししたところで、参観終了。
保護者は、保護者総会へ参加。おこたんたちは昼食。
それぞれ別の時間を過ごし総会終了後、おこたんを迎えに教室へ戻ると、まだ食事の時間が続いていた。
今日のメニューは、パン・やきそば・トマト・わかめときゅうりの酢の物だった。
すでにパンは完食。やきそばもほぼ完食で、予想通り、トマト&酢の物が手つかずで残っていた。
結局、私が横につき食べさせようとしたが、きゅうりとわかめをほんの少し食べたところで、タイムアウト。
食後のぶくぶくうがいに走るおこたんだった。
うがいの後に何を思ったか、突然足ふきマットで足を拭きだす。
ふだん足が汚れた後に洗って、そこで拭くんだろうな。
でも「今、する時間じゃないやろ~!」と思わず突っ込んでしまった。
うがいが終わり、お帰りの用意となるはずなのに、おこたんはなかなか教室に戻って来ない・・・。
どこにいるのかと思いきや、教室のちょうど真上につばめの巣があり、それをじ~っと眺めていた。
先生曰く「ことちゃんの毎日の日課なんですよ。」
当然、お帰り時間は大幅に遅れる。
マイペースだとは思っていたが、これほどとは・・・

追記
今ではわかめの酢の物は大好きな長女。
これはおそらく「保育参観」ではなく「保育参加」日だったんでしょうね。
うちの3きょうだいがお世話になっている保育園では、今も保護者が一緒に保育に参加する「保育参加日」があります

テーマ : 保育園 - ジャンル : 育児

22:29  |  療育・保育園  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'05.25 (Wed)

仕事復帰はしたけれど

流産後1週間経過しました。
昨日より仕事復帰。
正直、辛かった。
でも行ってしまえば、変わらぬ日々。
やかまし~いがきんちょどもは容赦してくれないので(笑)いつもの調子で一日が過ぎた。
体調は・・・・と言えば、土曜日あたりからとにかく頭痛がひどい。
ホルモンのバランスがまだ元に戻っていないせいなのかな。
医者からもらったロキソニンが残っていたので飲みながら過ごしている。
ひどいと頭痛を越えて胃腸症状までいってしまう。
これではつわりの状態と変わらへん・・・悲しい。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村







90%以上の方が実感!!

本気で悩む方に向けた頭痛解消サプリメント ⇒

テーマ : 痛み治療 - ジャンル : 心と身体

21:14  |  つぶやき  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'05.21 (Sat)

昨日のおこたん


髪の毛を2つに分けてくくってみた。
保育園から帰ってきたら、もう少し高い位置に
結い直されていた。
私自身、小さい頃はず~~~~~~~~~~~っと
おかっぱ(父に切ってもらっていた)かショートカット
だったので、くくってもらった記憶も写真もない。
せいぜいおこたんで楽しむとしよう。
(でも来週から、仕事に復帰するので週末だけだな。)


追記
保育園の先生ってこんなこともしてくださるんや!と感動した記憶があります(笑)



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



本気の妊活サプリメント【SAZUKARU】

テーマ : 保育園 - ジャンル : 育児

12:15  |  未分類  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'05.17 (Tue)

元に戻りつつある


お腹の子がいったん天国へ戻ってから丸一日。
私の身体は徐々に妊娠前の状態と同じになりつつある。
体温が下がり、全てのことがすっきりしてきた。
妊娠中は、とにかく眠く・だるく、目の前にかすみがかかっているような感じで、物事がはっきり考えられない
というか、もう考えるということ自体が異常にめんどくさかった。
(個人差あります。今回の私の場合はそんな感じでした。)
何かの本で読んだが、妊娠すると、お腹の赤ちゃんを守るために何としてでも母体を休ませるような方向に身体が向かうらしい。
それが前述の眠気やだるさなど。
女性の身体って本当によく出来ていると思う。
今日は自分のHPも更新できたし今まで取りだめしていた写真をネットからプリント注文することもできた。
流産後の医師からの「安静指示」はどこへ?
(というか、何かをしていないといろいろ考えて落ち込んでしまうので)
とりあえず明日は無理せず、ゆっくりしよう。
今日の写真はおこたんが6ヶ月の時のもの。
何となく目に付いたので載せてみました。

追記
長女は、この持ち運びできるチャイルドシートがお気に入りで、ここにいると1人静かに遊んでいました。
いわゆる「手のかからない子」状態になってました。
床に寝転がって遊ぶことが少ない=寝返り・ずりばい・はいはいをする環境に、ない
につながってしまったのかな?と今更ながら反省しています。
親が楽することは、子どもにとって、良くないこともあるな、と
長女は、ベビーカーに乗って移動するのも大好きでした。
7か月でしっかり座れるようになってから、移動は座ったまますることを覚え、つかまり立ちもほとんどしませんでした。
それでも1歳5か月には歩けるようになったのですが、縄跳び・鉄棒などの運動面にもかなり影響がありました。
はいはい、本当に大事です。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村





テーマ : 流産・不育症 - ジャンル : 育児

23:14  |  不育症  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'05.16 (Mon)

流産

7週と6日でおこたんのきょうだいは天国へ戻ってしまいました。

午前に病院へ行き、2日前より少し大きくなった我が子を心拍で確認しました。
でも危険な状態だったようで、1週間の安静を言い渡されました。
職場へ戻り、そのことを伝え、明日から急きょ休みを取ることになり、その準備でバタバタと動いていました。
診察から数時間後、突然の腹痛&出血が起こりました。
急いで病院へ逆戻りしたけれど、すでに我が子は影も形もなし。
完全流産ということで、手術はしませんでした。
抗生剤の点滴を受け自宅へ戻りました。

偶然かな、おこたんは今日、保育園で空を見上げては、通り過ぎる飛行機やヘリコプターに「バイバ~イ」を繰り返していたと、園からの連絡帳に書いてありました。
もしかしたら、おこたんはまだ見ぬ弟or妹に別れを告げていたのかもしれません。
これを書いている今、まだお腹が時々きゅ~と痛みます。
そういえば、おこたんを産んだ後もこんな感じだった・・・
流産後の回復措置で、1週間休暇をもらいました。
ゆっくり静養します。
心配してくださった皆様、ありがとうございました。

追記
この後、流産を繰り返します・・・。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村





テーマ : 2人目ベビ待ち - ジャンル : 結婚・家庭生活

21:36  |  不育症  |  EDIT  |  Top↑

2005'05.14 (Sat)

妊娠初期

2回目の検診。
10時予約のはずが、診察が始まったの11時20分・・・
予約の意味ないじゃん(>_<)

内診。
先生はモニターを見ながら
「う~~~~~~~ん。大きくなってないなあ・・・」
「茶色のおりものも気になるなあ・・・・・・・・・」

ショックで返事ができない私。

続いて
「これ これ、見える?心臓は動いてるから。
出血だけ気をつけてな~。したらすぐ電話して。」

よかった。生きてるらしい!
モニターを凝視すると確かにぴこぴこと動くものあり。

「この大きさやと、予定日が大幅にずれるなあ。」
と、おっしゃった先生は、超音波写真の余白に
H18年1月3日~10日と記してくださった。

特定できないのは、何でだろう・・・。
と考えている間に診察は終了。

とりあえず生きていることはわかったが、
しばらく戦々恐々の日々が続きそうだ・・・。

追記
実は、これが3回目の妊娠でした。
おこたんにきょうだいができる?!と喜んだのもつかの間・・・。
この頃は妊活・出生前診断なんていう言葉はなかったなあ・・・。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

本気の妊活サプリメント【SAZUKARU】



テーマ : マタニティライフ - ジャンル : 育児

19:32  |  不育症  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'05.10 (Tue)

訃報

前任校で約8年間、文字通り苦楽を共にした同僚のお父上が急逝された。
本日19時半よりお通夜。
しかし、私自身の体調があまり良くなく、お通夜の席に長くいられそうもなかったので、失礼だとは思いながらも、お通夜の始まる2時間前くらいに彼女の家を尋ねることにした。
久しぶりの再会。
同じ学校に勤務していたときは、長期休みに旅行を一緒にしたこともある。
同期なので、話すこともたくさんある。
勤務校が違っても、昨日まで一緒にいた感覚になるくらい、親しい同僚だった。

再会が彼女のお父上の遺影の前で・・・だとは予想も出来なかった。

体調を崩し、入院されてから3週間ほどで天に召されてしまったとのこと。
彼女は今年たまたま、忙しい現場を離れた場所での勤務で比較的休暇が取りやすく、お父上の看病をしっかりすることができたのがせめてもの救いだったと言っていた。
くしくも今年はお母上の15回忌に当たる年だったそうだ。
さらにお母上が入院された日が一昨日、彼女はその日をとても気にしていたという。
山場を超え、ほっとした矢先の2日後に、お父上は逝かれたそう。
「やっぱりお母さんが連れて行ったのかなあ・・・」と言う彼女。

偶然、私にも似た経験がある。
私の母方の祖母は祖父が亡くなったちょうど3ヶ月後に亡くなっている。
私の母親や叔母が「じいちゃん、ばあちゃんをこんなに早く連れて行ったらいかんよ。」などと言いながら看病していたという。
そして、祖父が亡くなった日の3か月後の早朝、母と叔母が2人とも病室から席をはずした隙に、祖母は一人で息を引き取った。
生前から祖父母は仲が良かったという。
祖父は脳梗塞を患い、その介護に一生懸命だった祖母。
その祖母は祖父の死後、肺ガンで亡くなった。
運命というのか宿命というのか、つながりというのか・・・そういうものを強く感じた日だった。

彼女のお父上のご冥福を心よりお祈りします。






テーマ : 不思議な出来事 - ジャンル :

22:03  |  職場ネタ  |  EDIT  |  Top↑

2005'05.04 (Wed)

「会話」の読みがな

今日行った国語のテストに「会話」を読ませる問題があった。
正答者は33人中たったの2人・・・。
自分の指導力も問題ありか
教科書に出ているし、読み方を確認したはずなのに・・・(-_-;)
その誤答例を挙げると・・・。

かいばなし・・・そのまま。わからんでもない。
かいはな・・・前例に倣う。
かいぎ・・・私がよく「今日は3時から会議があるよ。」などと使うからだろう。
かいざ・・・ほんとは「ぎ」と書きたかったのかもしれない。
かいさん・・・テストが嫌で「もう解散!」の気分だったかも。

参りました。<(_ _)>




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



テーマ : 小学校 - ジャンル : 学校・教育

09:40  |  職場ネタ  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |